引越し業者を選ぶポイント 業者をどう選ぶか

引っ越し

 

ネットにも、電話帳にも色々な引越し業者があって、どこがいいのか迷いますよね。見積もりを取ろうにも、まずどういう業者で見積もりを取ったらいいのか、というところから途方に暮れてしまうくらいです。

 

まずは大体の傾向から、自分にあった業者のタイプを考えていきます。

 

大手の業者のメリット

・アフターフォローがしっかりしている
・保有しているトラック、作業員の数が多い
・専門技術が高い
・特殊な荷物も運べる

大手の業者は、とにかく会社の母体が大きいというのがポイントです。たくさんの引越しを扱っており、珍しい物・貴重な物を運ぶノウハウも持っています。トラックの数もあるので、繁忙期でも頼みやすいのも利点です。

 

中小業者のメリット

・値段が安い
・地元密着で地域事情に詳しい
・融通がききやすい

中小の業者は、まず大手の業者に比べて値段が安いことが多いようです。必ずしもそう、とは言えませんし、ピアノ運搬や重量物のクレーン搬入など特殊なオプションが付くと結局高くかかったりすることもあります。

 

地元の引越しを扱うことが多いので、比較的短距離・中距離の引越しに強く、特に地元の地理や道事情に詳しいのが利点です。

見積もりは複数取ること!

料金の見積もり書

 

この引越し業者のこのプランがいいかも!と思っても、見積もりは必ず複数の業者から取りましょう。できれば大手と中小業者、両方から取るのが理想です。一番簡単なのはネットの一括見積りです。

 

見積もりは取ったその日には決して結論を出さず、何日か考えます。すぐに決めると、見落としがあったりするので、時間をおきましょう。

 

特に気をつけておきたいのが、荷物が引越し中に破損した場合の補償です。いくらまで可能なのか、どう補償するのかなども、営業に話を聞いておきましょう。

引っ越し作業を始める前に!

部屋の中

 

引っ越しは人生で避けては通れない

・「引っ越し」は人生で一度は経験する一大イベント。
荷造りはもちろんのこと、違う環境に移り住むことで精神的にも重圧がかかりかねない。

 

・「引っ越し」に関する「心構え」を持つことが何よりも重要。
作業効率のアップや引っ越し業者に払う費用といったことを熟知し、取り組む必要がある。

 

さまざまな引っ越し業者がある

・大切なのは「いかに安全に運んでもらうか」ということ。
しかし、引っ越し業者は数え切れないほど存在しており。「選び方」は大変難しい。

 

・インターネットを活用し、大手に限らず地元の中小業者についても調べてみるとよい。

 

・「近距離」ならば、地元の中小業者が費用面で優れている可能性もある。

 

まずは行程表でリストアップしてみよう

・「引っ越し」前に始めたいこと。それが「行程表」の作成である。

 

・まずは行わなくてはならないことをどんどんリストアップしてみてください。「いつまでに」「どこで」「何をやる」といった項目を整理する。また、忘れやすいことも書き込んでおく。

 

・できるだけ詳しく記入する。単に「荷造り」とだけ記さない。

 

引っ越しの荷造り【棚類・本類】

・棚類(食器棚・本棚・タンス等)
まずは「中身」を全部外に出すことから始める。棚類はバラにできるのであれば個別に梱包。できなければ棚が飛び出さないよう、テープで固定後、毛布で包む。

 

・本類
本類の重さを考え、小さな箱に底抜け対策を施したうえで収納する。また、すき間を古新聞等で詰めておく。

 

引越しにはお金がかかる!

新生活を始めるにあたってはどうしても金銭的な問題も出てきます。引越し業者の代金も高額になりますし、賃貸をかりるなら敷金礼金もばかになりません。

 

どうしても急にお金が必要になることもあるでしょう。そんなときは安心して急ぎでお金を貸してくれる金融業者を選ぶ必要があります。おすすめの最速借り入れ業者⇒最速キャッシング

 

消費者金融も30日間無利息サービスなどお得なキャンペーンもやっていますので、これらを利用すると負担も少なくできます。新生活での家電を購入するくらいならレイクの無金利サービスがお得ですし、一般的にはプロミスの無利息がお得です。

 

引越しをするときに、無駄な使わない家電や家具があると業者の料金が高くつくので、使わないものは思い切って処分しておきましょう。

敷金の手続きを忘れずに

引っ越し見積もり

 

「引っ越し」日当日とは限りませんが、少なくとも引っ越し日当日に大家さんと話さなくてはならないのが「敷金」のことについてです。タイミングとしてはここしかありません。

 

「敷金」はご存じの通り、賃貸物件において部屋を借りる際に、大家さんに事前に預けるお金を指します。「敷金」によって、借主が部屋に損傷を与えたのを修復したり、家賃の滞納の補充金に充てたりするのです。

 

ですので、賃貸物件を退去する際、必ず大家さんに部屋の現状を見てもらい、敷金を生産する必要があるのです。これは「引っ越し」の荷物が部屋から全て出た後に、必ず行いましょう。話が前後しますが、前項に挙げた「掃除」もこういった点があるため行わなくてはならないのです。

 

最近では、大家さんが不動産管理会社、というところも多く、カギさえ返せばそれでよい、というところもあるにはあります。そういったところは引っ越し当日には「敷金」の話をしない可能性もありますね。

 

ここで敷金が支払えないとなるとアウトなので、必ず準備しておきましょう。
一時的にお金が必要な方はこちら→https://お金借りる即日ナビ.com/

 

「敷金」はまず100%は返ってきません。部屋を退去後に補修や部屋の清掃・クリーニングが行われるためです。ですので、いくらきれいに使っていたとしても、クリーニング業者代金は発生します。

 

また、原状回復のレベルについてですが、個人によってはとらえ方が異なります。ですので、こうした点からトラブルが起こることが最近増加中です。良心的な大家さんであるならば、壁紙交換などはよほど居住年数が経過したか、喫煙したかの場合は交換するでしょうが、場合によってはそれほど汚くなくとも交換する場合があります。

 

この点については、最初に入居する際に、こうした壁紙がどういった状態であったのかを確認しておくとよいでしょう。写真を取っておくこともいいかと思います。

 

精算は後日振り込みとなります。超過しないようにしたいところです。

引っ越しの内容から費用を考える

住宅

 

「引っ越し」当日に考えなくてはならないことの一つに、引っ越し業者に対しての代金の支払いということがあります。業者を利用した「引っ越し」の場合、避けては通れない事項です。支払い自体は先払い・当日払い・後払いがありますが、まちまちです。ここでは、料金について詳しく見ていきたいと思います。

 

まず、「引っ越し」の見積りを行う際、数社の見積もりを取った段階で、料金に差が出るということはいわば当然です。傾向としては、CMに力を入れている大手はやや割高感があります。そして、地場の中小業者ほど価格は安めといったところが、価格面での傾向です。

 

ただ、正直なところ、サービスや保障面では大手が一歩リードといったところでしょうか。万が一の補償内容や、人手の多さなどはやはり大手のほうが充実しているようです。

 

例を挙げて説明しますと、地場の業者の場合、2トントラック1台につき作業員4人、そして作業時間は1日としましょう。これが大手の業者であれば、4トントラック1台につき作業員6人、作業時間は半日といったところです。これだけみれば、大手業者のほうが充実しています。ですが、料金でみると地場の業者のほうが安いのです。

 

仮に近所で「引っ越し」があった際、こうした点をよく観察しておいてください。もちろん、自分の「引っ越し」の際もよく観察しておいてください。そうすると、どこにどれほどお金がかかるのか分かるようになります。

 

その際のポイントとして、以下を挙げておきます。

 

・引っ越し日(平日か休日か)
・作業スタッフ(人数が多いか少ないか)
・トラックの大きさ(大きいか小さいか)
・移動距離(距離が長いか短いか)

 

「引っ越し」当日はこの点を見てください。またいつ「引っ越し」があるかどうか分かりませんから。

引っ越し業者に対するチップ

スタッフ

 

「引っ越し」の際、業者を利用したとします。その際に、費用はもちろんのこと、よく心付けとして「チップ」を渡す方もおられます。海外では、さまざまなサービスを受ける際、チップを払う習慣が存在します。日本においては、そういった習慣は珍しく、せいぜい一般の方がチップを払うのは、この引っ越しぐらいなものです。

 

これは、当然のことながら個人の自由、裁量の範囲内の話で、チップを払わないとダメだ、というわけではありません。ですが、業者とのリレーションや「引っ越し」の効率を上げる、あるいは本当に「お礼」の気持ちがある、といった場合は少額でもいいのでチップを渡すとよいでしょう。

 

ではどうして、「引っ越し」業者にチップを払うという習慣が始まったのでしょうか?

 

昔は、「引っ越し」と言えば、家族総出・親戚や友人総出で行ったものです。作業が終われば、ねぎらいの意味を込めてその日の晩は「宴会」を行ったりしたものでした。

 

そうした「心」が、業者に依頼することが普通となった現代においても生きているのです。つまりチップは「感謝の心」であると言えましょう。わざわざカッコつけるためにキャッシングまでして支払うものではありません。

 

重複しますが、「引っ越し」作業の取り組み方、一生懸命行っているかどうかで、チップを支払う方もおられます。仕方のないことですね。仮に何かしらのミスがあった際にチップを支払われても、業者の方もあまりうれしくはないでしょう。

 

ですので、こうした点も考えつつ、チップを渡す有無については考えていく必要があるのです。あくまで「気持ち」「感謝の心」を感じたのなら、お渡しすればよいのではないのでしょうか。

 

マイホーム